ウーマン

病気のサインを見逃さない

ドクター

自己判断で薬を止めない

強いストレスなど、様々な要因が引き金となり発症してしまううつ病に、今悩まされている人が大変多くなっています。このうつ病は体だけでは無く、心にも様々な影響が出てくる病気です。症状としては気分が晴れない、どんな事にも興味が持てないなど、いつもなら普通に出来ていた事でも、急にやる気が起きない状態になってしまう場合もあります。また、頭痛や腹痛、食欲低下など体にも色々な症状が現れてくるでしょう。どんな症状が出るかは人それぞれであり、その強さの度合いにも個人差があります。そんなうつ病は症状が色々あるからこそ、自分が発症していると言う事に気付かない場合もあるのではないでしょうか。もし何だかおかしいと思ったら、一度うつ病チェックをしてみる事をおすすめします。このうつ病チェックはいくつかの質問に答えて行く方式です。例えば最近だるく、疲れが溜まりやすいなど、いくつか質問の項目があり、「はい」や「いいえ」で答えていきます。その答えを点数に表し、うつ病を発症しているかどうかをセルフチェックしていくと言う方法です。もしそこでうつ病と言う結果が出た場合は出来るだけ早く精神科や心療内科に行く事をおすすめします。精神科や心療内科はどちらも心が原因で起きる病気の治療をしており、専門的な知識を元に総合的な治療を行ってくれるでしょう。うつ病は心と体の病気ですから、そのどちらにもアプローチを掛ける必要があります。その為、薬物療法や精神療法など、様々な治療を組み合わせて症状の改善を図ります。また、この病気の場合、治療が比較的長期間に及ぶ事が多く、最初は処方される薬の量も少ない為、なかなか改善が見られない場合もあるでしょう。しかし、処方される抗うつ剤などの薬は副作用が出る場合がある為、様子を見ながら量を増やしていくのが一般的です。その為、最初はあまり効果を感じない場合もありますが、徐々にその効果を実感する事が出来るでしょう。その為、効果は無いからと言って、すぐに服用を止めてしまわない様にしましょう。また、症状が良くなってきたからと言って、勝手に服用を止めてしまうのもいけません。クリニックでは、症状の改善がしっかり見られたら、徐々に薬の量を減らして体をならしていきます。せっかく良くなってきたのにも関わらず、まだ完全に治っていない状態で服用を止めてしまえば、また症状が出て来てしまう可能性もあるので注意しましょう。うつ病の治療はゆっくりと進んで行く為、早く治したいと焦りを感じてしまう場合もあるかもしれません。しかし、うつ病の治療はこういうものなんだと言う事をしっかり理解し、きちんとドクターの判断を仰ぐ事が大切です。一歩ずつ確実に症状の改善に向かっていると言う事を信じて、前向きに治療に取り組む必要があります。この病気を発症する人には真面目な人が多く、これまで頑張ってきたからこそ、心身共に大きな負担が掛っていた人がたくさんいるのではないでしょうか。症状を改善する為には、ゆっくり休養を取る事もとても大切な事なので、出来るだけ休む事を考え、そしてクリニックで適切な治療を受ける事をおすすめします。是非何か気になる症状があるのであればチェックシートを便利に利用してみましょう。